ホーム > 色々な処分方法

色々な処分方法

処分方法の種類

機密重要書類を処理する方法としまして、現代では、社内シュレッダー処理、焼却処理、溶解処理、出張シュレッダー(出前シュレッディング)処理、など様々なものがあります。以下にてそれぞれの特徴をご紹介致しますので、ご参考下さい。

 

■社内シュレッダー処理

社内作業とはいえ人件費が発生しています。

それだけでなく、見えないコスト (シュレッダーレンタル代・電気代・屑を入れる袋代 等) も発生し、

処理に関してミスが起こる恐れもあります。

 

■焼却処理

焼却処理施設にて処理を行います。社内作業とはならないので効率的ですが、施設までの運搬時に文書を紛失し

情報を漏洩してしまうおそれもあります。

また、焼却してしまうとリサイクルできないというデメリットもあります。

 

■溶解処理

溶解処理施設で処理を行います。

文書を溶かしてしっかり処理できます。運搬時の紛失・漏洩リスクはありますが、リサイクルは可能です。

 

■出張シュレッダー処理(出前シュレッディング)

業者に来てもらい、その場で細断するという出張シュレッダー処理。

目の前でシュレッダー処理をしてもらえるので、運搬時の紛失や情報漏洩のおそれもなく、

安心感があります。またリサイクルにも対応しているので、おすすめの処理方法です。

PAGE TOP