ホーム > 必要性とメリット > オフィスシュレッダーとの比較してみると
必要性とメリット

オフィスシュレッダーとの比較してみると

社内で1名の従業員がオフィスシュレッダーを使って文書処理を行う場合と、出前シュレッディングサービスを

利用した場合との比較してみましょう。

 

<文書保存箱1箱  の処理で比較> 

  ※文書保存箱1箱=15~20kg 

   img12.gif 

  オフィスシュレッダーで1箱の処理するのにかかる時間は・・・・・・・・約2時間!!

  それだけではなく           

                        作業員の時給 × 2時間

                               +

                        70ℓ用袋(1袋¥378-) × 約7袋

                                                                                   +

                        シュレッダーリース代(または購入費)

                               +

                              電気代

                               +

                        修理・メンテナンス 等にかかる費用

 

業務時間を約2時間も割かれ、70ℓ用袋7袋分もの紙片が出ました。その他にコストもかかりデメリットはたくさん・・・

PAGE TOP