ホーム > 必要性とメリット

必要性とメリット

個人情報の処分は大変...

 情報社会と言われる今の時代、個人情報の適切な管理と処は基本中の基本です。

「個人情報保護法」 に基づき漏洩防止は、どの団体・個人においても常識となっています。

もしも、機密情報が漏れたり盗まれたりする事があったら・・・失うのは、お客様の社会的信用です。

その時受けるダメージは大きく、一度失った信用を取り戻すのはとても大変です。

 個人情報漏洩防止において必ずつきまとってくるのが、プリントアウトして紙にしてしまった機密

文書の処分。重要な機密事項やたくさんの個人情報が載っており、新聞紙や雑誌を捨てるように

簡単に廃棄するわけにはいきません。しかし、そのまま回収業者さんにお願いするのでは、不安

要素が処々ありますよね。もし、運搬中の事故で情報が洩れてしまったら…。もし、回収な段階で

すでに洩れてしまっていたら…。本当に正しく処理されているのだろうか…などなど。

 また、家庭用シュレッダーやオフィスシュレッダーでの細断処理となると、何時間・何日かかるの

か…考えただけで嫌になってしまいますよね。作業員の人件費や労力、電気代や機械のメンテナ

ンス等もいくらかかることか…。

だから、出前シュレッディング!!

 そこであると便利なのが、シュレッダー作業と回収を一度に確実に済ませてくれる、

弊社の「出前シュレッディング同時回収作業」!!ありそうでなかったこのサービスが

エコ・シュレッドサービスにはあるんです!

☆どうして安心なの??

 →出前シュレッディングだから、お客様の目の前でシュレッディング。お客様自身の

  目で大切な書類がシュレッダーにかけられるところを見ていただけます。確実に細

  断され判別不可能になっていく様子をしっかり確認できるので安心です。

☆本当に安全なの??

 →が開発した特殊構造の車輌によりシュレッダーにかけられたと同時に撹拌・圧縮

  されるので、細断紙片は判別部能に!だから、もし万が一、運搬中の事故などに

  より回収物が車輌の外に出てしまっても、絶対に、情報が漏れることはありません。

      機密情報漏洩防止対策もばっちり!!       

しかも、こんなに安心・安全なシュレッダー処理と回収作業を一度に、低料金で、

済ませることができるので、お客様は高額な機械を買う必要も、貴重な労力と時間を

無駄に使う必要も無くなるのです!!

オフィスシュレッダーとの比較してみると

社内で1名の従業員がオフィスシュレッダーを使って文書処理を行う場合と、出前シュレッディングサービスを

利用した場合との比較してみましょう。

 

<文書保存箱1箱  の処理で比較> 

  ※文書保存箱1箱=15~20kg 

   img12.gif 

  オフィスシュレッダーで1箱の処理するのにかかる時間は・・・・・・・・約2時間!!

  それだけではなく           

                        作業員の時給 × 2時間

                               +

                        70ℓ用袋(1袋¥378-) × 約7袋

                                                                                   +

                        シュレッダーリース代(または購入費)

                               +

                              電気代

                               +

                        修理・メンテナンス 等にかかる費用

 

業務時間を約2時間も割かれ、70ℓ用袋7袋分もの紙片が出ました。その他にコストもかかりデメリットはたくさん・・・

出前シュレッディングのメリット

~ もうお分かりいただけましたか?出前シュレッディングのメリット! ~

作業員コストなし!!

当社スタッフが、お客様のご指定の場所までお伺い致しますので、
作業員のコストは一切かかりません!!

ゴミ処理コストなし!!

細断と回収が行なえるシュレッダー設備車両ですので、
ゴミ袋などの費用は一切かかりません!!

その他コストなし!!

シュレッダーリース代や電気代は一切かかりません!!

処理時間の圧倒的な短縮!!

大型シュレッダー搭載車両で作業致しますので、
オフィスシュレッダーよりも圧倒的な時間の短縮が可能です!!

車輌写真のサムネール画像    cost.jpg

とってもeco!!

tokucyou2.gif処理後のシュレッダー紙片は 焼却 ではなく リサイクル へ・・・

お客様の目の前で細断処理された機密書類は、その後弊社提携先の中間処理施設にて更に撹拌・圧縮され、最終処理施設にて溶解処理され再資源化されます。そして、再び、トイレットペーパーやダンボール箱などの製品に生まれ変わります。ゼロエミッションに貢献でき、環境ISO(ISO 14001)の認証取得に役立つ環境対策になります 。

 

 

 ☆機密書類の細断寸法はリサイクルが可能な最小サイズの10mm×40mm~80mm☆

あまり知られていませんが、実は、オフィスシュレッダーや家庭用シュレッダーの細断寸法(幅9mm以下)では、溶解し再び製紙・製品化することができないので焼却処分するしかないのです。 これでは環境に配慮することはできません。

ですから弊社では、リサイクル可能な最も小さいサイズの細断寸法でシュレッディングできる大型シュレッダーを開発し、限りある資源を無駄にせず有効利用する取組をしているのです。

Q.細断寸法が大きいと、文書内容が読めてしまうのでは??

A.ご心配なく!切り口は弊社ならでわのクロスカット。さらに、ドラムの回転により攪拌されることで

          細断された書類は絶対に判別不可能!!             

申し込みフォーム

 

 

PAGE TOP